HOME > ”生活感のない部屋”への第一歩。電源コードをオシャレに隠そう
  • ROOM

”生活感のない部屋”への第一歩。電源コードをオシャレに隠そう

メイン

モデルルームや新築のお宅など、誰もがあこがれる上質な空間で感じる独特の”生活感のなさ”。
その空間を手に入れるための第一歩として、まずは部屋に散乱しがちなあるモノを隠してしまいましょう。
それは、「電源コード」!
家電製品やオーディオ機器などが増えていくにつれ、おのずと増えてしまう電源コードは“生活感”を強めてしまう大きな要因です。
電源コードがぐちゃぐちゃになると、生活感が増すばかりか、ホコリがたまりやすく衛生面や安全面にも心配が・・・。
コードやケーブルをスッキリと隠して、お部屋の雰囲気をワンランクアップ!同時に清潔で安全な暮らしが叶います。

電源コードやケーブル類の整理の定番!
「ケーブルボックス」を使ってみました

今回は、電源コードの整理グッズとして大人気、Bluelounge(ブルーラウンジ)のCableBox(ケーブルボックス)を使って、気になる配線まわりの改善にチャレンジしてみました!

カップボード_1

こちらが整理前のカップボードの上です。FAX電話、電話の子機、ノートパソコン、スマートフォンを置く場所になっています。パソコンのアダプターなどは持ち出すこともあるので、あえて電源タップをカップボードの上に出して使っていますが、見た目は……あまり美しいものとはいえませんね。

cablebox_pic_009

このCableBoxを使って整理してみましょう。幅は約40センチ、色はホワイトとブラックから選べます。

カップボード_2

構造はいたってシンプル。フタ部分を取り外すと、ボックス内は空洞になっていて、電源タップやアダプターを収納することができます。左右にはスリットがあり、そこからケーブルを外に出します。
CableBoxを初めて見たときは、「意外に大きいな」という印象があるかもしれませんが、電源タップやアダプター類もまた、「意外に大きい」のです。

ボックスに一通り収納したら、ケーブルの必要な部分だけを外に出して、フタを閉めます。そうすればこの通り!

カップボード_3

ぐちゃぐちゃの配線がスッキリして、ちょっと“生活感”が薄くなった気がしませんか? ちなみに、CableBox の上はスマホを置く台としてもちょうどよく使えます。

ルンバの「ホームベースまわり」もスッキリ整理してみましょう

ボタンひとつでくまなく掃除をしてくれるルンバ。お部屋はキレイに保ってくれるけど、どうもそのルンバの“定位置”がイマイチ美しくきまらない…とお悩みの方もいるのでは?

ホームベース_1-1

一番オーソドックスなのは、壁のコンセントにホームベースの電源コードをつないで……というパターンではないでしょうか。壁紙はホワイト調のことが多いので、ブラックのコードはちょっと目立ってしまいます。

ホームベース_1-2

余ったコードは、こんな風になんとかホームベース周辺にまとめてしまいたくなりませんか?
ホームベースの裏側に無理やり隠すこともできますが、これもあまり美しくありません。そこで、ここでもCableBoxを使って、コードを隠してみましょう。

ホームベース_2

CableBoxは今回も、壁の色に近いホワイトをチョイスしました。コンセントからCableBoxに伸びる線を目立たせたくないので、白いコードの電源タップを使い、ボックス内に配線。そこからホームベースの電源を取ります。

ホームベース_3

ホームベースの右側からコードが出るので、コードが弛まずにこのような形でスッキリと整理することができます。ホームベースも壁にピッタリと着けることができるので、ルンバが戻ってきた際にもズレたりすることがありません。
CableBoxの内部にはまだ余裕があるので、消耗品やドライバーなどを入れておくと、ゴミ捨てやお手入れの際に便利です。

cableboxmini_pic_001

こちらは、幅23センチとひとまわり小さめの「CableBox Mini」。黒基調のシックなお部屋には、ブラックモデルもおすすめです。

かしこく隠して、気分もスッキリ!
ほかにもまだある、ケーブル整理グッズ

リビングだけでなく、家中のいろいろな場所で“景観”を損ねてしまっている電源コードやケーブルたち。それらを上手に、おしゃれに隠してくれるアイテムを活用して、見た目をスッキリさせてみては? 書斎やオフィスなどでも大活躍してくれそうですよ。

cablebin_pic_007
cablebin_con_006-2

こちらは、「CableBin」という製品。シンプルな円筒形デザインに、あたたかいウッド調をあしらった、ケーブルボックスなんです。デスクの横にぴったりとハマりますね。電源コードやテーブルタップをすべてCableBinにしまうだけで、足下はスッキリ!

plughub_04
plughub_con_003

こちらはオフィスにも美しく溶け込んでくれそうな、ケーブル収納「Plug Hub」。まちまちなケーブルの長さを、カンタンに調整できる工夫も秀逸です。デスクの下面に取り付ければ、床をより有効に使うことができるようになります。
お子様の勉強部屋でも、活躍してくれそうですね。

ほかにもさまざまな製品が販売されているケーブルボックス。仕組みはとってもシンプルですが、使用前後では、景観が明らかに変化することがわかりました。わずか5分でできる「プチ・リフォーム」で、“生活感”を減らす第一歩をはじめてみてはいかがでしょうか。

取材・写真協力:トリニティ株式会社
http://trinity.jp/

こんな記事も読まれています
  • hataki_TOP
    伝統と最先端の華麗なコラボ! はたき&ルンバで大掃除(動画あり)

  • 子どもを伸ばす、子ども部屋のお片付けルール
  • time00
    大掃除は1日で終わる!達人に学ぶ必勝法とは?
新着記事
  • yobou00
    年始のキレイを簡単キープ!「予防掃除」は最強の時短掃除術
  • time00
    大掃除は1日で終わる!達人に学ぶ必勝法とは?
  • award01
    家電のプロ達が”本音”で選ぶ!家電アワードの大賞にブラーバが選ばれました!

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot