HOME > おうちカフェへようこそ。20分で楽しむちょっとリッチなコーヒータイム
  • LIFE

おうちカフェへようこそ。20分で楽しむちょっとリッチなコーヒータイム

01

何かと忙しい毎日。家事や育児の合間でちょっと休憩がしたいな…というときに、いつもよりちょっとリッチなコーヒータイムはいかがでしょうか?
マシンも手間もお金もかけずに、まるでカフェのクオリティ!
100円ショップで購入できる便利グッズとドリップコーヒーでできる、コーヒーの淹れ方をご紹介します。

編集部でやってみた。20分でできる“カフェ風もこもこコーヒー”の入れ方

☆用意するもの
・市販の1杯分ドリップバッグ
・乳脂肪分の多い牛乳
・電動ミニクリーマー (100円ショップで購入可能)
・先が細くなっている耐熱カップ

手順1 お湯を沸かす。
手順2 牛乳を電子レンジで60度まで温める。牛乳とコーヒーの量は1:1ぐらいが目安。
手順3 カップにお湯を注ぎ、温めておく
手順4 温めたカップにコーヒーをドリップする。お湯の温度は80度~90度。均等にお湯が行き渡るように、コーヒー粉の表面を平らに。細口のポットで「の」の字を書くように注ぐ。

IMG_01

コーヒー粉全体が湿るぐらいの少量のお湯を入れて30秒ぐらい蒸らし、2~3回にわけて注いでいきましょう。必要量のコーヒーが落ちたら、バッグ内にお湯が残っていても外します。
☆もっとお手軽にするなら!☆
インスタントコーヒーを濃い目に入れるでもOK!

手順5 温めた牛乳を電動ミニクリーマーで泡立てる。

03

30秒ぐらいでしっかりとした泡ができます。牛乳は60度を超えると風味が落ちるので、温度管理は気をつけて!

手順6 コーヒーにミルクを注ぐ。

07

ドリップコーヒーを使うとエスプレッソのようなクレマはできないですが、細かな泡をコーヒーと混ぜて茶色い泡を作ることもできます。

手順7 ミルクのカップに残った泡をスプーンですくって、もこもこっと盛り上げていく。
    好きなお菓子を添えれば、素敵なコーヒータイムに!

IMG02

もこもこラテは泡が蓋をするので、冷めにくくなります。寒くなるこれからの季節、シナモンパウダーをかけてシナモンコーヒーにするのもおすすめです。

「おうちカフェ」の魅力に目覚めた人へ。こだわるならココ!

手軽にコーヒーを楽しむならインスタントコーヒーや1杯分のドリップパッグが便利ですが、コーヒーの味にこだわりたいときは、ドリッパーを使いましょう。
 
☆用意するもの
・好きなコーヒーの粉
・ドリッパー
・ペーパーフィルター

3

実はコーヒーは少量を抽出するのが苦手。1杯分よりも2杯分を抽出したほうが、お湯が程よく粉に行き渡って、香り、味ともに良くなります。
コーヒーの味は、豆だけでなくフィルターによっても左右されます。フィルターは100円ショップでも購入可能ですが、コーヒーメーカー各社も販売しているのでぜひ試してみてください。

「おうちカフェ」もっとこだわるならココ!

04

コーヒー豆の専門店に行くと、さまざまな産地の豆が売られています。
コーヒーは産地の違いが顕著に現れる奥が深い飲み物なのです!
「酸味」「苦味」「コク」「香り」にこだわったブレンドを探求するのも楽しいですね。

1日の掃除機掛けにかける時間は、平均で20分ほどといわれています(2015年セールス・オンデマンド調べ)。
掃除をルンバに任せれば、その20分はあなたの自由時間に早変わり!
掃除機をコーヒーカップに持ち替えて、ゆっくりとコーヒータイムを楽しんでみてはいかが?

ロボット掃除機ルンバ 公式サイト

こんな記事も読まれています
  • ホワイトムース
    基本の材料は3つだけ! 簡単なのに“スゴ見え”バレンタインスイーツ
  • running01
    最低限でも効果アリ!1日20分のウォーキングが体を変える
  • Rawfood_01
    20分のおうちカフェ。生きた酵素たっぷりの簡単”RAWコーンスープ”
新着記事
  • kajidaiko_01
    家事代行は『心の保険』。負担解消だけじゃない大きなメリットとは?
  • yamauchi09
    ルンバのプロに訊く!ルンバの最強活用術とは?
    【第2回】”自分時間”も充実の製品担当者編
  • kodomo_kata01
    「自分で片付ける子」に育つコツは、子ども目線の環境づくり

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot