HOME > ルンバのプロに訊く!ルンバの最強活用術とは?
【第2回】”自分時間”も充実の製品担当者編
  • FAN
  • PRODUCT

ルンバのプロに訊く!ルンバの最強活用術とは?
【第2回】”自分時間”も充実の製品担当者編

yamauchi09

日本におけるルンバの販売台数は200万台を突破。多くの方に愛用されています。
それぞれにルンバを愛用してくれる理由があり、使い方もさまざま。ルンバの「操作方法」はボタンを押すだけと、とてもシンプルですが、その「活用方法」は、何通りもあるとも言えます。

せっかくのルンバ。どうせなら、もっと賢く便利に使いたいと思いませんか?
そこで、社員つまりルンバを知り尽くした「ルンバのプロ」たちがどんなふうにルンバを使っているのか、ルンバ最強の活用術をご紹介します。

【第2回】製品企画部 山内
ルンバ980 / ルンバ880 /(愛用暦3年)

ロボット掃除機 ルンバ、床拭きロボット ブラーバの製品企画を担当。日本市場に向けた製品の仕様策定やプロダクトマネジメントを行う。 フルタイムで働く妻と2人暮らし

【ルンバタイムは?】スケジュール設定で毎日欠かさずルンバで掃除。

20170324_roomba_web_yamauchisanchi

比較的ゆとりのあるときは、仕事後にジムやスポーツで汗を流してから帰宅します。帰宅後は、妻との会話を楽しみながら、あらかじめ分担を決めてある家事のいくつかを行ない、就寝前には好きな読書に没頭する…。こんな風に”仕事”と”充実した自分時間”の両立を支えているのが、2台のルンバたち。

2台のルンバを毎日朝10:00にスケジュール設定しています。
自分の仕事時間は、ルンバも同じく仕事(掃除)時間。ルンバが動いている姿をみることはほとんどなく、同時に生活の中で”床掃除”を特別意識することもありません

「家ではホームベースに鎮座する姿しかみていませんが…iRobot HOME アプリを使えば、ルンバの清掃履歴をスマートフォンで確認できます。たまに会社でアプリをのぞいて、きちんと掃除してくれていることを確認します。自分の仕事の間にルンバも頑張ってくれていると思うと、励みになりますね。累計136時間も掃除してくれたのか!と知ったら、なんだか自分もやる気が出ます。」(山内)

【ワンポイント活用術】

自宅に2台のルンバを常備し、新商品は発売前に必ずハウステストを行なうため、いままで使ったルンバは数え切れないほど。
今一番ルンバをよく知る山内がおススメする3つの活用術をご紹介します。

☑iRobot HOME アプリ*で”ルンバを持ち運ぶ”
iRobot HOME アプリは外出先からの遠隔操作や、清掃モードの設定など便利な機能が満載。ルンバの清掃履歴が地図のように表示されるので、働きっぷりも一目瞭然です。もしエラーが起きても原因箇所がカンタンにわかるのですぐに対処できます。
*ルンバ900シリーズのみ
     
☑片付けきれなくても「デュアルバーチャルウォール」があれば大丈夫
本や服などの片付けが追いつかないときは、付属品の「デュアルバーチャルウォール」で円形のバリアを作っておけば問題なし。片付けきれなかったところにポンと置けば、その他の大部分はきちんと掃除してくれます。つい床置きしてしまう癖が治らない僕には必需品です。
     
☑フィルター交換などのお手入れが性能を長く保つコツ
吸引力を高く保つために、フィルターの清掃や交換はとても大事なこと。フィルター交換をした後は明らかに取れるゴミの量が増加します!フィルター、ブラシ、センサー部分なども定期的にお手入れしてあげると、高いパフォーマンスのまま長く使えますよ。
     

ルンバでホコリやゴミを除去したあとは、週に2,3度床拭きロボット ブラーバ ジェットで水拭きをプラスしています。

水拭きは掃除機掛け以上に心身ともに負担が大きい家事ですが、やるとやらないとでは、”キレイ”の質がまったく異なります。
ベタつきやこびりついた汚れもスッキリ拭き取った後の床は、ピカピカのサラサラ。
足の裏が喜ぶような感覚は一度体験したらヤミツキになりますよ。

ブラーバ ジェットは稼働音がほとんど気にならないのも大きなメリットのひとつ。水拭きをしてもらっている間に自分は別のことをしていられます。たとえば「食器を洗って片付けているうちに、水拭きが終わっていた」というように、自分では1つのことしかしていないのに、2つのことが終わっているってすごいことだと思いませんか?

yamauchi07

【ルンバの置き場所は?】動作パターンから完璧に計算し尽くした設置場所

yamauchi05

ルンバにとって、ホームベースはただの「置き場」ではなく重要な意味があります。
きちんと部屋中をくまなく清掃してもらうためにも、清掃後のルンバをきちんと帰還させるためにも、「ホームベースの前方に広くスペースが取れること」が実はとても重要なことなんです。「ホームベースに戻らない」と悩んでいたら、まずはホームベースの設置場所を見直してみてください。

ルンバ900シリーズは、右へ右へと進みながら清掃します。つまりルンバの進行方向右側にスペースを多く取ると、短時間で効率的に清掃できます。このことを計算し、ルンバ900シリーズは前方が広く、右側にスペースを多く取れる場所をホームベースの設置場所にしています

ルンバ800シリーズは清掃開始直後に、まず掃除をしながら「お部屋がどれだけ広いか?」を確認する動きをします。部屋をまんべんなく清掃するためには、できるだけ広いスペースから清掃を開始する方が効率的なんです。このことを計算し、ルンバ800シリーズはホームベースの前方の空間をできるだけ広く取れる場所を選んでホームベースを設置しています

床掃除を意識すらしない。家事負担が減れば、夫婦時間も自分時間も充実

yamauchi06

ルンバがくれた最大の変化は、”床掃除”は意識すらしないのに、毎日床がきれいな生活が当たり前になったことです。
掃除機掛けは欠かすことができないうえに、手間も時間もかかり、家事の中でも比較的大きなウェイトを占めるものですよね。そんな煩わしい床掃除に対する負担が一切かからないので、心身ともに解放された思いです。

毎日ルンバを使っていると、棚の上やTV周り、部屋の隅などにもホコリが溜まりにくくなりました。目には見えないレベルのホコリをこまめに除去しておくことは、部屋全体にも影響する重要なことなんだと実感しました。これはルンバが毎日掃除してくれるようになってはじめて気付いたことです。

我が家は夫婦共働きなので、以前は掃除やら洗濯やら、家事分担のことで大喧嘩することもしばしば…。今では、床掃除以外を分担すればいいのでお互いの負担が激減し、ずいぶん楽になりました。
今では夫婦で会話を楽しみながらこなせるほど、ゆとりができました。

掃除の負担が減ったおかげで、たまに「家事を何もしなくていい日」を作ることができています。
どちらかが一生懸命家事をしている状況で、一方が好きなことをするというのはなかなか気まずいものですが、「何もしなくていい日」は、それぞれ趣味に打ち込んだり、友人と食事にいったり。夫婦それぞれの自分時間も充実しています。

もしルンバがなくなったら?
家事負担のストレスと、自分時間を堪能できないストレスで性格が変わるかもしれません(笑)

【ルンバを宣伝してください】ズバリお勧めポイントは?

☑何もしなくても、毎日キレイな床になっている
ルンバがくれた最大のメリットです。床掃除を意識することすらありません。

☑見えないホコリもしっかり吸ってくれること
床だけでなく家全体のホコリが溜まりにくくなりました。

☑AeroForceエクストラクターはゴミが絡まずお手入れ楽チン!
ルンバのお手入れが劇的に軽減します。

こんな記事も読まれています

  • ルンバがスマホで楽しくなる『iRobot® HOME』アプリ

  • 本当にキレイにできていますか?あなたの「つもり」掃除を徹底検証
  • たまったゴミを捨てる方法は?
    ゴミ捨ての方法は? | ルンバ体験レポート
新着記事

  • 外出先から掃除を済ます!Wi-Fi対応したルンバがもたらす豊かな”IoT生活”

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -後編-

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -前編-

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot