HOME > プロが教える冬の洗濯時短テクニック。残り湯や室内干しが大活躍
  • LIFE

プロが教える冬の洗濯時短テクニック。残り湯や室内干しが大活躍

washing00

厳しい冷え込みが続く冬、特にツライ家事といえば「洗濯」ではないでしょうか。汚れが落ちない、干しても乾きにくい、外が寒くて干すのも取り込むのも億劫… 「冬の洗濯あるある」は尽きません。

面倒になるとついやりがちなのが、ある程度洗濯物がたまったところで一気に洗濯する「まとめ洗い」です。「冬は汗をかかないからいいや」と、まとめ洗いをしていませんか?
実は、夏よりも水分をあまりとらない分、冬の汗は濃厚。つまり、においやすいという特徴があります。においの元となる雑菌を放置しておくと、雑巾臭の原因になってしまうので、冬は意識してこまめに洗濯する必要があります。

ただし夏に比べて日照時間が短く、気温も水温も低い冬は、洗濯に不向きな季節。
そのため、洗濯のサイクル自体を工夫する必要が出てきます。

そこで、時短に関する著書を何冊も執筆しているコラムニスト・ももせいづみさんに、冬の洗濯を効率化するテクニックを聞いてみました!

お風呂の残り湯で洗剤を活性化!お風呂後の「夜洗濯」がベスト

bath

ももせさんによれば、冬の洗濯を効率的に行うには洗濯のサイクル自体を変化させることが重要だとか。
特に冬はお湯をためてお風呂に入る頻度が高くなるので、家族全員がお風呂に入った後、すぐにその残り湯を使って「夜洗濯」を行うと、エコかつ汚れが落ちやすくなります

洗濯洗剤に含まれている酵素は37度で一番よく働くんです。冷たい水で洗濯すると、皮脂汚れは固まって落ちにくいですし、そもそも皮脂は脂なのでお湯で洗濯する方が落ちます。だからこそ夜洗濯がオススメ。風呂水に抵抗がある人もいるとは思いますが、実は雑菌が繁殖しやすいのは一晩たって冷めてしまった風呂水なんです。なので、お風呂に入ってすぐのお湯なら大丈夫。もしもそれでも気になるという人は、すすぎに真水を使えば問題ありません」(ももせさん)

お湯で洗うことで、汚れや皮脂はもちろん、洗剤のすすぎ残りを防ぐことができます。雑菌やすすぎ残りは雑巾臭の原因。そのため、冬はなるべく雑菌やとけ残りが残らない洗濯をするのが大事です。特に雑菌臭がつきやすいのがタオル類。一度匂いが着くとなかなか取れないので、洗濯物はその日のうちに、その日の残り湯で洗うことを心がけましょう。

乾燥した室内を逆手に取って一石二鳥!寒い冬こそ室内干しで

socks

夜洗濯に続いてももせさんが推奨するのが室内干しです。
お仕事をしてる人や、花粉で外に干したくないという人で、春先から夏にかけて室内干しをする人は増えている、とももせさんは言います。

「基本的に室内干しをすると部屋の湿度が上がり、カビの原因になります。なので、とにかく気を配らないといけないのは換気。しかし、冬は乾燥しているので例外なんです。むしろ冬は、暖房している部屋に洗濯物を干すことで、洗濯物が早く乾くし、部屋の湿度が保たれて一石二鳥! 冬は室内干しのゴールデンシーズンなんです」(ももせさん)

洗濯が終わった衣類はできるだけ早く乾かした方が雑菌が繁殖しにくいので、夜洗濯が終わったらすぐに干してから寝るようにしましょう。そうすれば、寝ている間の乾燥対策にもなるので、特に女性など、冬場の乾燥が気になる方にはオススメです。

さらに、干し方にもひと工夫加えることで、乾きにくい冬の洗濯にも変化が。

ポイントは、風の通り道を作ってあげること。例えば、洗濯物同士をあまりくっつけない、ズボンは筒状に干すなど、風が通りやすくなるように干しましょう。洗濯機に乾燥機能がついていたら、5分ぐらい乾燥を。洗濯物が熱くなるので、水分が蒸発しやすくなって乾きやすくなります」

乾燥機能はあまり使わないという人は多いですが、天気の悪い冬の日は短時間使ってみてください。また、冬ならではの味方・暖房器具を上手に活用することも工夫の一つ。ストーブなど暖房の近くに干したり、こたつの中で乾ききらなかった洗濯物を乾燥させたりと、火事にならないよう配慮しながら工夫してみてはいかがでしょう。

時短洗濯のポイントは「取り込む、たたむ、しまう」の効率化

washing02

ももせさんによれば、すべての季節で使える洗濯の効率化ポイントは、「取り込む」「たたむ」「しまう」工程にあるそう。

洗濯は、始めてから終わるまでが一番長い家事です。例えば料理なら、作り始めてから片付けまでを一時間ぐらいで行えます。しかし洗濯は、洗濯機を回して、干して、乾いてから取り込んで、最後にはたたんでしまう、つまり細切れに長い時間を使う家事。そのため途中の工程が“放置”されてしまうことが多いんです。取り込んだけれどたたむ時間がなくて放置、たたんだはいいけどクロゼットまで行くのが面倒で放置、なんて経験はありませんか? 取り残されやすい工程が多い家事なので、それが起きないようにすると負担感が減ります。なので一番大事なのは、取り込んでからしまうまでの移動距離を最短距離にすることなんです」(ももせさん)

ももせさんはまず、「干す」「取り込む」をまとめて楽にすることを提唱しています。

「寒い冬は、なるべく外の滞在時間を減らしたいですよね。だから、『干す』『取り込む』工程をできるだけ室内で済ませる工夫をしています。例えば、私が使うのは洗濯物量に合わせた中・小サイズのピンチハンガー。移動しにくいので、大きいピンチハンガーは使いません。また、物干し竿ではなく簡易型の折りたたみ物干しを使っています。洗濯機から出してその場でそれらに干して、天気が良ければ外に持っていき、乾いていてもいなくても物干しやピンチハンガーごと取り込みます。乾いていない場合はそのまま室内に置いておけばいいだけですから。こうすれば基本的に家の中で洗濯物干しができるので、日焼けが気になる夏にも使えますよ」(ももせさん)

物干し、ピンチハンガーだけでなく、ハンガーに干したものはそのままクローゼットへ収納すれば、「たたむ」工程の省略になります。また、家族全員分のカゴを用意し、取り込んだ洗濯物をそれぞれのカゴに入れていく「投げ込み方式」というテクニックもあるとか。

とにかく、面倒だと思う前に全ての工程をやりきるための工夫が大切なんですね。

家事の時短テクニックはポジティブになるためのもの

washing03

ももせさんによる「冬の洗濯」の時短テクニックをご紹介してきましたが、時短だけでない隠れたメリットがあります。それはは、洗濯のサイクルを夜にすることで、家族にコミュニケーションが生まれるということ。

「洗濯というのは、例えばお父さんや子供が仕事や学校に出かけた後に、お母さんが誰もいない家でやることが多い家事。一人で洗濯して、一人で取り込んで、一人でたたむことが多いですよね。それを“夜洗濯”にすることで、家族から見える家事に変わります。家族のいる暖房の効いた部屋で、『ちょっと手伝って』と言って一緒に室内干しをすれば、家事のシェアをしやすくなるし、寒くないですよね。子育て中なら、仕事から帰ってきたお父さんと一緒に洗濯物を干しながら、『子供服が大きくなったなあ』なんて会話もしやすいでしょう。今夜、残り湯を使った洗濯が終わったら、ぜひ家族みんなで洗濯物を干してみてください」(ももせさん)

夜洗濯、室内干し、工程の時短…。
これらのテクニックを使って冬の洗濯が効率的になれば、心にゆとりが生まれるそう。

「冬の洗濯がうまくいくというのは大事です。なぜなら冬の洗濯は、“寒い” “乾かない” “洗っても衣類が匂う”というマイナスを生みやすい家事だから。そんなネガティブな結果にならない方が元気になりますし、心にも余裕が出てきますよね。そのための工夫が、これらの時短テクニックなんです」(ももせさん)

ももせさんによれば、家事において心のゆとりを生むのは、「上手にできた」「うまくいった」「気持ちがいい」という達成感の積み重ねだそうです。
手間がかからず、かつ簡単で時短になるやり方を取り入れていくと、家事の時間が減るだけでなく、家事をする側の成功体験につながり、気持ちもポジティブに!

マイナスなイメージが多い「冬の洗濯」。これらの時短テクニックを取り入れて、ポジティブにこなしましょう!

160907_momose_l 【監修】ももせいづみ
暮らし、ライフスタイルを主なテーマとするコラムニスト。執筆、イラスト、講演などのほか、雑誌、テレビ、ラジオなどさまざまな分野で活躍中。 日々の暮らしの中から生まれるコラム、忙しくてもゆるりと楽しく暮らすためのアイデア、時短レシピ、生き方のアドバイスは男女問わず幅広い世代から支持を集めている。
http://www.izoomi-m.com
こんな記事も読まれています

  • 家事代行は『心の保険』。負担解消だけじゃない大きなメリットとは?

  • ○○を置くだけ!自宅を瞬時にパワスポ化する方法

  • 大掃除の時間がいつもの半分に!今からやるべき2つの対策
新着記事

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -後編-

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -前編-
  • ペットオーナーの方
    【USER’S VOICE】ルンバご愛用者様の声|ルンバのペットラボ

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot