HOME > 買い物時間を超短縮!美味しい野菜を瞬時に見分ける3つの極意
  • LIFE

買い物時間を超短縮!美味しい野菜を瞬時に見分ける3つの極意

yasai00

日々の家事の中で意外と時間がかかる、お買い物。
野菜ひとつとっても、ひっくり返してみたり、比べてみたり、どれが「当たり」かわからずに思いのほか時間がかかっていませんか?

今回は、野菜選びのプロである野菜ソムリエ・葉山ひよりさんに、「おいしい野菜を瞬時に見分ける極意」を教わりました。
これさえ知っておけば、美味しい野菜を迷わず選べて、買い物時間の短縮にもつながります。

野菜選びはスーパー選びから

野菜選びにおいてスーパー選びはとても重要です。野菜は収穫したその時から鮮度が落ちていき、人が触ったり、長く常温にさらされていると鮮度が落ちるスピードが上がります。

つまり長く売り場に置かれている野菜は要注意!
お客さんが多く、商品の回転がいいお店を選びましょう。

「朝、開店と同時にスーパーに行くのがベストです。ただ、働いているとなかなかそういうわけにも行きません。お客さんが多いお店は、バックヤードから野菜を出す頻度が多くなるので、出したばかりの野菜に出会える可能性が高くなります」(葉山さん)

極意1:旬の野菜を選ぼう

yasai01

スーパーでは一年中あらゆる野菜が手に入りますが、旬の野菜がもっとも栄養価が高くおいしいです。使う野菜に迷ったら旬のものを選びましょう。

「キャベツなど旬が2回ある野菜は時期によって味が異なります。旬の野菜を選ぶようにすると季節を感じられて、食卓も豊かになりますね」(葉山さん)

極意2:ツヤツヤしたものを選ぼう

yasai03

野菜の鮮度は見た目に現れます。収穫したばかりの野菜は水分がたっぷりあり、ツヤツヤしています。その状態が保たれているものを選びましょう。
野菜本来の色がしっかり出ているもののほうが栄養をしっかり吸って成熟しています。
また、葉っぱが着いたまま、泥が付いたままなど、収穫された状態のほうが鮮度は落ちにくいです。

「カットされている場合は、葉野菜は芯が高すぎず割れていないもの、根菜は鬆(す)が入ったり、空洞がないものを選びましょう」(葉山さん)

極意3:重みがあるものを選ぼう

yasai02

中がどれだけ詰まっているか、中身の充実度は重さでわかります。同じような見た目であれば、ずっしり重い方を選びましょう。また、しっかりと固いほうが詰まっています。

「スカスカなものは味も薄くあまりおいしくありません。フルーツ類など元から柔らかいものでない限りは、固い方が味が濃くおいしいです」(葉山さん)

以上の三か条を心に留めてスーパーにいけば、迷うことなく、美味しい野菜を手に入れられます。一石二鳥のこのテクで、かしこく時短しちゃいましょう!

野菜ソムリエ 葉山ひより
栃木県の野菜をPRする「とちぎ野菜サポーター」。料理教室では素材の味を引き出し、野菜の組み合わせや味付けにバランスが良いと定評。「家庭で調理することが楽しい!」「美味しい料理が家庭でも食べられる!」といった喜びを感じて家庭の調理習慣に結びつけることをモットーに活動中。http://coucouatbl.exblog.jp/
こんな記事も読まれています

  • 大掃除の時間がいつもの半分に!今からやるべき2つの対策

  • 来年も履ける!プロが教える時短&オトクな夏靴ケア

  • お出かけ中は掃除のベストタイミング!ルンバでクリーンなお留守番
新着記事

  • 家事代行は『心の保険』。負担解消だけじゃない大きなメリットとは?

  • ルンバのプロに訊く!ルンバの最強活用術とは?
    【第2回】”自分時間”も充実の製品担当者編

  • 「自分で片付ける子」に育つコツは、子ども目線の環境づくり

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot