HOME > 【梅雨のカビ対策】実は怖い!カビがもたらす健康被害
  • ROOM

【梅雨のカビ対策】実は怖い!カビがもたらす健康被害

0510_quiz2

ジメジメと蒸し暑い憂鬱な季節、「梅雨」がいよいよやって来ます。今年は沖縄・奄美はすでに梅雨入りし、5月末~6月上中旬までに全国的に梅雨入りの予測が発表されています。※参考:気象庁HPより  

ジメジメした梅雨に欠かせないのが「カビ対策」です。家の中にカビが発生すると、不快で不衛生な印象を感じますし、独特の嫌なニオイも気になります。しかし実際何が問題なんでしょうか?

カビがおよぼす健康被害

0510_quiz2

カビの胞子は空気中のどこにでも存在しています。その数は花粉の1000倍上、100円硬貨ほどの範囲に40~50億も存在していいるといわれてます。カビの胞子は目に見えないほど小さく、私たちは日々の暮らしのなかで知らない間に吸い込んでしまっています。体内でカビの繁殖を防ぐことができないと、病気が引き起こされることが多くなります。特に抵抗力の低い赤ちゃんや、高齢者、体力が弱っている時などは注意が必要です。

■アレルギーや喘息の原因に
吸い込むことで、咳・発熱などのアレルギー症状を引き起こすことがあり「夏風邪」と誤る人も多いのだとか。場合によっては肺や脳・骨髄など体の深部で感染を起こすことも・・・。免疫力が低下しているときにカビを吸い込んでしまうと深刻な症状をひきおこしてしまう可能性があります。

■食中毒の原因に
カビ毒が原因で食中毒を起こすことも。カビはでんぷんや糖類を好むためパンやお菓子や果物には特に発生しやすいのだとか。カビ毒を発生させるカビは300種類以上報告されているといいます。

■癌の原因に
「アフラトキシン」という種のカビ毒には発がん性物質が含まれています。日常的な量であればすぐに発がんするということはないようです。

■皮膚疾患の原因に
水虫、タムシ、カンジタなどは皮膚や粘膜からカビが浸入する表在性の真菌症です。かゆみやかぶれ、腫れなどの症状を伴います。表在性の真菌症は付着することで感染します。バスマットやスリッパ、靴、床などを通じて感染することもしばしば・・・。人間だけでなくペットに感染することもあります。

■うつ病の原因にも・・・!?
2007年米医学誌「American Journal of Public Health」にてカビの生えた家に住む人はうつ病リスクが高いことが報告されています。現段階では因果関係は明確にされておらず、さらに研究が必要とのことですが、調査にあたったブラウン大学の疫学者、Shenassa氏はこう語っています。「この調査の結果から、心身の健康を測るものとして住宅が重要なことが明らかになった。健康的な家は健康的な人生を後押しする

長引く夏風邪は、肺炎の疑いアリ!?

0510_quiz2

夏になると咳・発熱・頭痛などいわゆる「夏風邪」のような不調が長く続くことがありませんか?それは夏風邪ではなくカビが原因の「夏型過敏性肺炎」かもしれません。

「夏型過敏性肺炎」とは、カビの胞子を繰り返し吸い込むことによってアレルギー反応が起き、肺に炎症が生じる病気です。カビがエアコンの内部で繁殖していることも多いため、夏季だけ過敏性肺炎の症状が現れるのだとか。ウイルス性の一般的な風邪とは違い、他人にうつらない、自宅以外で症状が出ないといった特長があります。思い当たる節があれば、一度専門医に診てもらうといいでしょう。

水周りだけじゃない!フローリングにもカビは発生

0510_quiz2

カビは温度20℃以上、湿度70%ほどで活動をはじめ、高温多湿になるほど胞子を飛ばしまくって増殖します。梅雨入りから9月くらいにかけての夏季が特に注意を必要とする時期です。
本来カビは、古い木材や畳などで繁殖しやすく、古い住宅に多くみられました。ところが最近の住宅は、断熱性や気密性が高く、1年中カビの繁殖に適した環境となっています。

キッチン、バスルーム、脱衣洗面所、押入れ、窓のサッシ回りのように通気性が悪く湿度が高い場所はもちろん、フローリングにもカビは生えてきます。フローリングに生えるカビは、白や黒カビで、一見してもカビとは気付きにくい可能性があります。

水気のある場所は、使用後にしっかり水分を拭き取ることと、十分に換気を行うことが重要です。フローリングは、カビのエサとなるホコリや皮脂などをこまめに除去しましょう。ホコリは掃除機で吸いとることができますが、皮脂や食べこぼしには拭き掃除が適しています。

0510_quiz2

こまめに・・・といわれても自分でやる掃除は、時間的にも体力的にも限界があります。ボタンひとつ押すだけでお部屋をすみずみまで掃除してくれる「ロボット掃除機 ルンバ」や、「床拭きロボット ブラーバ」で楽チン&キレイにカビ対策をしませんか?


【参考】
農林水産省 かびとカビ毒
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/kabidoku/kiso.html

文部科学省 カビ対策マニュアル
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sonota/003/houkoku/08111918/002.htm

日本アトピー協会
http://www.nihonatopy.join-us.jp/skin/shittoku/kabi.html

東京都健康安全研究センター
http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_kankyo/allergy/allergy/shitunai/

協会けんぽ
https://kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp/topics/20140606.html

こんな記事も読まれています

  • 【梅雨のカビ対策②】カビが生えると●●も増える!?
新着記事

  • ルンバ生誕15周年!これまでの歴史と進化とは

  • 外出先から掃除を済ます!Wi-Fi対応したルンバがもたらす豊かな”IoT生活”

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -後編-

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot