HOME > 「母の日」に、忘れてはいけないたった1つのこと
  • FAMILY
  • LIFE

「母の日」に、忘れてはいけないたった1つのこと

pixta_3686114_S

両親への感謝を伝えるもっともポピュラーなイベントと言える、「母の日」。お母さんへの日ごろの感謝を皆さんはどうやって伝えますか?インターネットリサーチのマクロミルが行なった調査では、リアルな「母の日」の実態が明らかになりました。

「母の日」に何もしなかった人は少数派

pixta_3686114_S

昨年の「母の日」は男性の約70%、女性の約86%が何かしらのお祝いを行っていたんだとか。「何もしなかった」人は約2割と少数派です。「今まで何もしてこなかったし…」「なんだか照れくさいし…」という方も、今年はちょっと考え方を変えてみませんか?

今年の「母の日」にしたいことは「プレゼントを贈る」

pixta_3686114_S

「今年の母の日にしたいこと」では、「プレゼントを贈る」が圧倒的多数!しかし一体何をあげれば喜ばれるの!?と悩む人も多いのでは?
実際にどんな物をプレゼントして、どんなものが喜ばれているのでしょう?

やっぱりお花は大人気

ファッション小物

便利家電



記事内のTwitter(ツイート)は、Twitterの利用規約に同意されたツイートをTwitter社の利用規約およびプライバシーポリシーに則りが同社が推奨するツイート埋め込み機能を利用し表示しています。

定番のお花はもちろん、比較的実用的なアイテムが母の日ギフトとして人気であり、喜ばれているようですね。
心を込めたプレゼントはきっとどんなものでも喜んでもらえるに違いありませんが、たったひとつだけ忘れてほしくないことがあります。

母の日に忘れてはいけない、たったひとつのこと

母の日の主役であるお母さんに「母の日に何をしてもらいたいか」をたずねた結果がこちらです。

pixta_3686114_S

お母さんが何よりもうれしいのは「感謝の言葉」でした。
プレゼントを贈るとき。一緒に食卓を囲むとき。家事を手伝ってあげるとき。何も予定がない人も。
どうか一言だけ、「いつもありがとう」の言葉を贈ってください。それこそがお母さんが一番欲しいものだから。

皆さんと、皆さんのお母さんにとって今年の「母の日」が素晴らしいものになりますように!

関連サイト:母の日に、「ルンバ」を贈ろう

【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査地域:全国
調査対象:15~59歳の男女(マクロミル提携モニタ)
割付方法:男女×年代(10,20,30,40,50代)を均等に回収 / 合計2,097サンプル
調査日時:2016年3月18日(月)~22日(金)
本調査結果はこちら

こんな記事も読まれています

  • この春、復職するママたちを応援する#HappyBackToWork WEEKSに参加しています

  • 復職ママが準備するべきものは…「価値観のすり合わせ」

  • 【実践】問いかけで考えるチカラを伸ばす フィンランド式読み聞かせ
新着記事

  • 外出先から掃除を済ます!Wi-Fi対応したルンバがもたらす豊かな”IoT生活”

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -後編-

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -前編-

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot