HOME > 【座談会(後編)】”時短”は働くママをポジティブにする魔法
  • FAMILY
  • LIFE

【座談会(後編)】”時短”は働くママをポジティブにする魔法

仕事と家事・育児をパワフルにこなす、働くママたち。そのリアルなホンネと実態を探るべく、4名の働くママ座談会を実施しました。前編は『働くママのホンネ』後編は『働くママの時短アイディア』についてじっくりかつ赤裸々に語ってもらいました。

Kさん もうすぐ2歳の女の子のママ。インターネットメディアの営業職のチームリーダーとして働く時短社員。2014年4月に出産し、産休・育休を取得後、仕事復帰。夫の実家の近くに住んでいるため、通勤時間に約2時間ほどかかっている。
     
Yさん 5歳の男の子のママ。現在第2子妊娠中。データベース作成業務を担当する派遣社員。2011年に出産し、産休・育休を取得後、仕事復帰。まもなく第2子出産に向けて、2度目の産休・育休を取得予定。2人目の子どもが保育園に入れたら仕事に復帰したい。
     
Mさん 1歳9か月の女の子のママ。フリーランスの編集・ライター。ITベンチャーの営業職を経て、IT関連の編集職に転職し、5年目でフリーランスとして独立。2014年に第1子を出産。働く時間は自由だが、産休や育休はなく、分娩台の上でも携帯でメールチェック。保育園ではなくナーサリーを利用。
     
Sさん 1歳11か月の子を持つママ。IT関連企業で広報チームのリーダーとして働く時短社員。2014年に出産し、産休・育休を取得して職場復帰。夫の実家の近くに住んでいるため、通勤時間は約1時間半。キャンセル待ちで認可外の保育園へ。
 

とにかく時間が貴重!時間指定もできるネット通販をへービーユーズ

1603finland_01

——やっぱり、働くママは忙しい!日々の悩みを教えてください。

Mさん:どうしても睡眠不足にはなりますよね。夜8時くらいに子どもを寝かしつけるときに自分も一緒に一旦寝てしまうんですが、深夜12時過ぎには起きて、3時くらいまで作業して、明け方またちょっと寝る、みたいな感じです。

Kさん:一回寝てから起きるのも辛いですよね。でも、絶対寝かしつけるときに自分も寝ちゃう(笑)。

Mさん:あと、子どもがいると買い物が地味に大変ですよね。片手で抱っこしながら袋に詰めたりするのが……。

Kさん:うちの子は保育園で牛乳をよくこぼすみたいで、タオルエプロンが毎日3枚全部汚れてもどってくるので、洗濯がとにかく大変!

Mさん:子どもって、食べこぼしが多いじゃないですか。食事のたびに掃除をするのも、掃除機を出し入れするのも大変なのでとにかくストレス…。子どもが生まれると家事の量がすごく増えません? 大人ふたりだけの生活が懐かしい(笑)

一同:笑

ホコリが気になるのはママの巣作り本能!?

1603finland_01

——仕事と家事育児の両立に欠かせないものはありますか?

Mさん:時間指定で届くネット通販はよく利用してますね。そもそも昼間はスーパーに行っている暇がないし、逆に夜遅くなると子どもが寝てしまってなかなか連れて行けなかったりもする。一度にあちこち行けないので、結局1箇所決めうちで買うしかないし。ネットで金額を比べて選んで買うほうがお得かも。

Sさん:私、毎日欠かさず見てます(笑)。

一同:そうそう!なんでもネットで買っちゃう。

Yさん:時間が短縮できるグッズやサービスは必需品!みんな何かしら絶対に使ってますよね。

Sさん:けっこう家電に頼ってます。なぜか夫の方が家電購入に積極的で、ルンバも夫が勝手に注文してたんです。あとは、食洗器とドラム式の洗濯・乾燥機も夫が買ってきてくれました。

一同:いいなぁ~。

Sさん:家にいるときは、食洗器と洗濯機が常に回っている感じです。実は、その二つを買ってから考え方まで変わったんです。以前は料理をするときは、なるべく洗い物を出さないようにしようと思っていたんですけど、食洗器を買ってからは、全然気にせずにどんどん汚せるので、かえってストレスがなくなりましたね。洗濯・乾燥機もまったく同じで、シーツも頻繁に洗うようになったし、タオルとかも乾燥機で乾かしたほうがフワフワに仕上がるのでオススメですね。

Kさん:うちもルンバと乾燥機はフル活用してます。あとは圧力鍋と、、子どもの鼻吸い器!耳鼻科に行かずに済むので役立ちました。

Mさん:私は圧力鍋とシリコン調理器が必需品。料理だけはやらないわけにいかないので、少しでも時間を短縮できるように活用しています。ルンバは知り合いのママさんたちもオススメしてくれていて、すごく気になってます。

Yさん:うちはコタツだから掃除がもっと大変!

Sさん:ルンバを買う前は、ちょっとでも手間が減ればラッキーくらいに思っていたんですけど、思った以上にキレイになってるんですよ!それまでは、ソファの下とかテレビ台の下にホコリが溜まってるなって気づいても、面倒くさいからいいやって、見て見ぬふりをしてしまいがちだったんですが、それはそれで罪悪感というストレスがあったんです。でもいまは全部ルンバがやってくれるので、「あ、キレイキレイ」って自分が掃除したわけじゃないのに悦に入ってます(笑)。

Mさん:確かに、ホコリが目に付くとストレスになりますよね。

Sさん:そうそう。妊娠してからホルモンの影響なのか、ゴミとかホコリがすごい気になりだして。さらに子どもを産むと、巣作りみたいに、家を心地よくしようっていう本能が働くみたいで。さらに気になって気になって仕方ない。

Sさんルンバが来てからストレスは減ったし、さらに「時短」というプラスの効果もあって、買ってよかったなってすごく思いますね。あと、うちは床の汚れがひどいんですよ。子どもの手垢とか足跡とか。だから、ルンバと合わせて床拭きロボットのブラーバもあれば、もう家事はほとんど家電に頼れるかな(笑)。次に狙っています。

Mさん:拭き掃除に関しては、私の場合、月曜日はキッチンみたいに、1日10分くらいずつに分けて、1週間かけて全部終わらせるようにしてますね。まとめると億劫すぎてできない(笑)。

Yさん:でも、子どもが大きくなってくると、少し楽になることもありますよ。最近、私が料理している間に上の子がトイレ掃除とお風呂掃除をやってくれるんです。もちろん最後の仕上げは私がやらなきゃいけないんですけど、助かりますし、成長が見えてうれしいですよ。

「時短」は気持ちをポジティブにしてくれる魔法のようなもの

1603finland_01

——「時短」グッズやサービスの利用について、どう思いますか?

Yさん:働くママの味方です!いや、すべてのママの味方!

Mさん:私も最近は多少お金がかかっても、結果「買ってよかった」って思うことのほうが増えました。

Kさん:時間を買えるんだったら、そっちの方が精神衛生的にもどれだけいいかって思います。でもやっぱり主婦なので、本当に役に立つものしか買いたくない(笑)。できるだけ失敗はしたくないです。

Yさん:みんなたぶんそう思っているから、「これオススメ」っていうものは本当にいい物が多い。ワーママ同士の情報ってすごく信頼度が高いですよね。

一同:ほんとにその通り!

Kさん:実は、家事に一体どれくらいの量があるのかって、子どもが生まれるまであまりわからなかったんですよね。昔のお母さんたちは、ひた隠しにしてたのかな。産後は寝られないし。

Mさん:確かに産後は寝られない!

Sさん:でも、あまり大変!大変!って言い過ぎると、脳もそう反応しちゃうので、大変でもなるべく楽しもうって、最近マインドコントロールしています(笑)。そうしないと、自分のなかにストレスが溜まっちゃうので、家事・育児だけじゃなく、仕事でもなるべくポジティブにとらえるように心がけてますね。

Mさん:落ち込んでる暇がないんですよね!

Sさん:そういう意味でも、時短グッズやサービスは手抜きじゃなくて、自分の気持ちをポジティブにするための魔法のようなものだととらえています。

じっくり赤裸々に語っていただいた、働くママたちのリアルなライフスタイル。仕事と家事育児は、それぞれ大変な局面がありつつも、それぞれがモチベーションになっているんですね。
大変さも2倍だけど、楽しさも2倍!働くママたちは、いそがしくも充実の毎日を送っていることが明らかになりました。

関連記事:【座談会(前編)】働くママの醍醐味は大人と子どもの世界が味わえるという贅沢

関連サイト:アイロボット ルンバ公式サイト

こんな記事も読まれています

  • 【座談会(前編)】働くママの醍醐味は大人と子どもの世界が味わえるという贅沢

  • GWは親子で遊んで学べるサイエンススポットへGO!

  • 忙しい朝も「くるりんぱ」で時短&可愛いヘアアレンジ
新着記事

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -後編-

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -前編-
  • ペットオーナーの方
    【USER’S VOICE】ルンバご愛用者様の声|ルンバのペットラボ

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot