HOME > いる?いらない?心も片付く「捨て方」講座
  • LIFE

いる?いらない?心も片付く「捨て方」講座

160310_1

気分を変えたい、心機一転したい、スッキリしたい! そんな時、お部屋の片付けや身の回りの整理整頓から始める人も少なくないでしょう。大掃除までしなくても、不要なものを捨てるだけで、気持ちもすっきりするのは事実。不用品と一緒に自分の内面にある「こだわり」や「執着」を捨て、心も一緒に片付くからかもしれませんね。

今回は、整理収納アドバイザー1級認定講師・片づけセラピストの藤岡聖子先生に、心がスッキリする整理整頓のコツをうかがいました。

「使える/使えない」で選ばない!必要・不要の基準を“自分軸”に

整理整頓のためには、まず自分にとって必要なものと不要なものを分けていく必要があります。でも、「わかっていても捨てられない」ことって多いですよね。上手に片付けを進めるうえで大切な意識とは?

「整理・整頓についてアドバイスしていると、何を残して、何を処分するかという『基準』を持っていない人が意外と多いように感じます。NGなのは『使える/使えない』で選んでしまうことです。
使えるかと言われれば、ほとんどのモノが『使える』ことになってしまうのではないでしょうか。
身の回りをシンプルにしていくためには、『使う/使わない』で選ぶ基準が必要です。判断の軸を“モノ”から“自分”に移すことで、自分に必要なものを選び取っていくことができます」(藤岡先生)

家の中の「同じ機能を持つもの」を集めると必要な量が見えてくる!片付けは「こだわりのない」ところからスタート

160310_2

『使う/使わない』基準を覚えたら、さっそく整理を始めますが、手当たり次第に整理しようとしても上手くいきません。スムーズに必要なものを選び取っていくコツとは?

「始めに、家の中に散らばっている『同じ種類のもの』を1カ所に集めます。例えば、ボールペン、サインペンなどのペン類でもいいでしょう。
結構どっさり集まるのではないでしょうか。では、その中で「使う」あるいは「使いたい」「使いやすい」と思えるものはどれくらいあるでしょう?これが明確になれば、自分にとって不要なものがわかり、同時に『ペンはこれだけあれば十分だ』という“基準の量”もわかります。
この基準がわかれば、例えばお店の景品や粗品でペンを配っていても、『私には必要ない』という判断ができますね」(藤岡先生)

なるほど!確かにペンは、使っていないものがほとんどな気がします。この方法は、あらゆるアイテムについて使えるので、ぜひ試してみたいものです。ここで、先生からちょっとしたアドバイスをもらいました。

「自分が興味・関心のあるモノから始めようとすると、なかなか選べずに整理・整頓が進まないという人も多いようです。まずは、自分にこだわりのない場所やアイテムから始めると、片付けがスムーズに進みますよ!」(藤岡先生)

雑貨好きの日本人は要注意!いらないモノを買わないコツ

160310_3

つい買ってしまって、いつの間にかモノが増えている……。「どうして買ったんだっけ?」と、後悔することありますよね。捨てることや手放すことも必要ですが、初めからモノを増やさないことも大事です。

「買おうと思った時には、『どこで使うか』『どこに置くか』を考えるクセを付けてほしいと思います。先ほどお話した“基準の量”がわかっていると、その判断も付きやすくなるのではないでしょうか。
同じ用途のアイテムを持っているなら、『いま持っているものをどうするか』という選択が発生します。いまあるものを処分して新しくするのか、買うのをやめるか。その判断でも、『どちらを使いたいか/置きたいか』という自分軸の判断をしましょう。
また、日本人は、世界一の雑貨大好きな国民性なんです。いたるところに可愛い雑貨が売られていて、つい買ってしまうことって多いですよね? そんな時は、欲しい気持ちを少し落ち着かせて、『置くところあったっけ?』と振り返ってみてください。雑貨を増やしすぎないことも、整理された部屋を作るコツですよ」(藤岡先生)

「捨てる」ではなく「譲る」ことでストレス軽減!

整理・整頓をする中で自分にとって「不要なもの」を見つけたら、その処分にもコツがある、と藤岡先生。

「捨てるとスッキリすることもありますが、いままで身近にあったものですから、捨てることが精神的にはストレスになることも。おすすめなのは、捨てるのではなく、『必要としている人に譲る』ことです。友人に譲るのはもちろん、リサイクルショップに持っていってもいいですし、必要な団体に寄付することもできます。インターネットでは、必要な人の情報を効率的に調べることもできます。

また、意外に多いのが“捨て過ぎ”のリバウンド。一気に捨てると、あとで後悔したり、揺り戻しで買いすぎてしまったりすることも。究極のシンプルを目指すのではなく、『必要なモノは持っていてもいい』くらいの気楽な気持ちで、お部屋の片付けにトライてみてはいかがでしょうか?」(藤岡先生)

160310_4 監修者 藤岡聖子(横浜Tキューブスタイル)
全国で3名しかいない整理収納アドバイザー1級認定講師&整理収納アカデミアマスターとして活動。「物から心へのマイナスの影響」を減らすべく、セミナー・講演及び、実際にご家庭での整理収納をサポートしている。
http://t-kyubu.com/
こんな記事も読まれています

  • 来年も履ける!プロが教える時短&オトクな夏靴ケア

  • AV機器のホコリ対策で芸術の秋を楽しもう

  • 時短のプロから学ぶ「自分にあった時短を組み立てる」方法とは?
新着記事

  • 外出先から掃除を済ます!Wi-Fi対応したルンバがもたらす豊かな”IoT生活”

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -後編-

  • 「動かない!?」ルンバのエラーメッセージの原因と対処法を徹底解説 -前編-

ルンバの一番の魅力とは?


PAGE TOP
iRobot